お喜びの声ご紹介

パニック発作・目眩・耳鳴り・不安・不整脈(50代女性)

50代半ばの女性です。2019年4月より通い初めました。
症状は、改善に向かっていた不安、パニック発作。
期外収縮、動悸息切れの心臓神経症状や目眩、耳鳴り、頭が締め付けられるようなふらつき、手足の痺れ等、
どこの病院に行っても「異常なし」と言われる不定愁訴のオンパレード。
通い初めてひと月経つ頃に、重低音の耳鳴りがほぼ出なくなっていることに気がつき、
次には中学生の頃から続いていた、背中の心臓の裏の痛みが消えて背中の筋肉のつっぱり感がかなり和らぎ、
肩やふくらはぎふくらはぎのつっぱりも緩和。足もつらなくなりました。
次いで期外収縮の不整脈を感じなくなり、動悸息切れは残ってはいますが全般に軽くなりました。
12月現在で、耳鳴りの再発はなく、背中の痛みもほぼ再発なし(一度強いストレスがあった時には軽めに出ました)でとても良好です。
目眩と頭重感はしつこいのですが、週に一度通っていると出ません。
大きなストレスがない限り、精神状態も安定(体と共に軽くなる感じ)、たまに飲んでいた安定剤も手放せそうなので、
外出を控えたりしていた生活を外向きに変えて、しばらく通わせていただくつもりです。
正直な話、月笙堂さんに来てなかったら…多分、高額な治療に頼るか薬に頼るかだったと思うので本当に助かってます。
いろいろと行き詰まっていたのですが先を考えられる様になりました。

顔面神経麻痺(60代女性)

2017年 不眠が続いていましたが、仕事も日常生活も一応こなしていました。
突然耳の痛みがあり、顔(目、口、まゆ、鼻)の変形、歪みが出て、
口から食べ物、飲み物が流れ落ち、会話もうまく出来なくなり、
また目がちゃんと開閉しない状態でした。

3/16「顔面神経麻痺」で1週間入院しステロイド点滴を受け、
退院後の検査で顔筋数値が低く重症部類で治らないと診断されました。
とりあえず鍼治療を1年間し、これからどうしようかと思案していたところ、
従姉のKさんご夫妻から月笙堂茂木先生を紹介していただきました。

2018年5月の終わり頃やっと予約が取れました。整体は初めてで、
詳しいことも聞かずにとにかく何かにすがりたい思いで通院しました。
1年位でかなり顔筋が動くようになり、1年半過ぎ今では身体全体が軽く、
温かくなり動くことが億劫でなくなりました。
特に顔のコリ、頭のコリをほぐしていただくことを中心に
施術していただくことが私に合っているように思います。

患者に寄り添ってくださる茂木先生に感謝です。

めまい・顔面神経痛・喘息(60代女性)

10年位前から寝て起きるとグルグルと目が廻る症状が度々起きるようになった。
その後4年前頃から電車から景色を見ると目が追いついて行けず、
また本を読むとき下を向く時気持ちが悪くなっていた。
最近では左耳の周囲が痛み、特に冷たい風に当たると痛み、
疲れたときは左耳から首にかけて腫れた感じで痛むようになっていた。
喘息は5年前に発病し息が出来ないほど重く苦しい時もあったが、
1~4回の施術後上記の症状がほぼ改善された。

パニック障害(60代男性)

私の症状はパニック症と言われるもの、
高速道路や、高低差のある道路、バスや長い区間の電車、地下道、高いビルディング、
渋滞の道路などが苦手で、その際は非常にそわそわ感が強くなりました。
また家で自分ひとりになったときも不安になり胸が苦しくなる症状でした。

心療内科に一年間通院しましたが特に症状は治まらず通院を止めていました。

そんな時、知り合いの方の情報で先生のことを知りお世話になることになりました。
通い始めて、この3月でもう二年になりました。
月二回程の先生の筋診断法による経絡調整やバイオレゾナンスによる測定と波動調整、
中国経絡手技法による経絡調整などで以前のパニック症状はほとんど治まりました!
これからは自らが軽度の不安の状況からチャレンジしていき、
徐々にそのハードルを上げクリアしながら症状を無くして行く方向になろうかと思います。
今回知り合いの方から先生の情報はありましたが聞きなれない様々な施術が有り、
まずは取り組もうと一生懸命理解に努めていきました。
その中で人により色々な考え方、理解の仕方があると思いますが
私の場合一番好感を抱いたのは先生の患者を治したいという
努力(たくさんのデータや経験)と熱意(治せるという確信)でした!
その強い勢いに背中を押され今に至った次第です。

月笙堂さんに本当に感謝しています。
ありがとうございました。

変形性膝関節症(60代女性)

「変形性膝関節症」と診断されてから十数年、
整形外科に通いながら何とかだましだまし現状維持を目標に日々を過ごしていました。
最近では、2週間に一回のヒアルロン酸注射と痛み止めの湿布薬が手放せない状態でした。
筋力をつけようとカーブスやプールに通い何とか仕事をこなしてきましたが、
とうとう今年の正月を過ぎたあたりから、増えすぎた体重のせいもあってか膝が悲鳴を上げてきました。
始めは「今は寒いから一週間もすれば、また落ち着くだろう。」と思っていましたが、
一ヶ月たっても右足の膝が曲がらなくなり、足を引きずるようにして歩く始末。
カーブスでは、足踏みさえも激痛でした。
「これでは、来年はとても仕事は無理か、、、」とあきらめかけていたのです。
そんな時、たまたま久しぶりに会った友だちから月笙堂を勧められました。
『東洋医学』とか『気功』というものに抵抗はありませんでしたが、
私の膝の痛みは物理的なものだから「ちょっと無理じゃないかな?」
と正直あまり期待はしていませんでした。
ところが、まさか、たった2回の施術で、あの膝が突然普通に曲がり、
普通に歩けるようになるなんて!
家族も友だちもびっくりすることが起きたのです。
私にとっては摩訶不思議な体験ですが、先生曰く「科学的に研究してきた成果」なのです。
それ以来、痛みが戻ることもなく、今では湿布も必要がなくなり、
あの痛かった時のことが思い出せなくなっている自分がいます。
西洋医学では、痛いところだけを中心に治療をしますが、
東洋医学では経絡の流れから全身のバランスを見ながらの施術ですので、
痛みの原因が思いがけず意外なところにあったりということもあるのは納得できます。
痛みも後遺症も全くなく、ゆったりと施術をしていただける時間が現在の私を支えてくれています。
今年の夏は、大曲の花火大会で会場の河原まで往復、2時間約20000歩、歩くことができました!
趣味の旅行もまだまだ楽しめそうなことが夢のようです

※ 記載されているものと同じ病状、症状であっても施術後の経過、結果については個人差がありますことをご理解くださいますようお願い申し上げます。

茂木先生

一人で悩まずに、ぜひ一度月笙堂の施術をお試しください。
昔から病は「気」からといいます。
たくさんの方が月笙堂の施術で健康な身体を取り戻しています。
薬に頼らない健康な自分を。

月笙堂

お問い合わせ・ご予約☎0463-21-5959完全予約制

メールでのお問合せ